男性更年期障害の症状を感じたら急いで相談する

更年期障害と言えば女性ばかりにクローズアップされるわけですが、実は男性でも更年期障害が存在するということがだんだん認知されつつあります。

更年期障害は女性ばかりに影響があるという風に言われているわけですが、男性であっても甘く見ていると痛い目にあることがあります。

ここでは男性の更年期障害についてどういう原因があって、どういう症状が起きて、どういう対策を取ればいいのかということについてじっくりと解説していきますので、ここで男性でも更年期障害があるということを認識してください。

男性でも更年期障害が存在する

男性でも40代以降になると、原因不明のだるさや朝だちが無い、妙に気持ちが落ち込むなどの症状が起きたら、更年期障害を疑ったほうがいいでしょう。更年期障害と言うと女性の病気に様に思われているのですが、実は男性でもかかる人が出てきています。男性更年期障害とかLOH症候群という風に呼ばれています。

男性の更年期障害は女性のようにわかりやすい節目があるわけではないので、40代以降であれば誰でもかかる可能性があります。もしかすると70代に入ってかかることもあり得ますので、注意してください。発症する年齢や症状に個人差がありますし、更年期障害だと気づかずに我慢してしまう傾向があります。

男性更年期障害の原因は

男性更年期の原因というのは女性と同じように性別ホルモンの減少によってバランスが乱れることによって異常をきたします。男性の場合はテストステロンが急激に減少することによってホルモンバランスが崩れることによって、さまざまな症状が見られます。

テストステロンは筋肉の増強や体毛の増加、性衝動の調整、勃起力の維持、競争心をあおるなど男性らしい体と心を作るのに役に立つホルモンです。このホルモンの分泌量は20代をピークにだんだん減少していくわけですが、緩やかに減少する程度であればすぐに体が調整できますので、大きな不調を抱えずに済みます。

しかし、精神的なストレスや肥満などによってテストステロンの値が急激に下がるとなると、すぐに体の調整が効かないですので、ホルモンバランスが乱れて心身にさまざまな影響が出てくるわけです。大きな影響として更年期障害があります。

更年期障害を起こさないためにはどうやってテストステロンの値をある程度維持するのかということにかかってきます。それはきちんとして生活習慣を送るということと、ネギ類やたんぱく質を中心とした食事を取ることが重要です。きちんとした生活を送るだけで70代の男性でも30代の平均値並みのテストステロンの値を出すことが可能です。

男性更年期障害の主な症状は

男性における更年期障害の症状は大きく分けて体に関する症状と心に関する症状、性に関する症状の3つに分かれてきます。1つ目の体の症状はテストステロンが男らしさを示すのに必要となるホルモンですので、それが減少することによって筋力の低下や疲労感、火照り、頭痛、めまいなどが起こってきます。これは女性の更年期障害と同じような症状が出るということです。

2つ目の心の症状はテストステロンがネガティブさを抑える働きがあるわけですが、それが減少をすることによって、不安感を感じたり、些細なことでイラついたり、うつ状態になったり、不眠症になったりします。さらに、それに伴って集中力が低下したり、記憶力が低下してきます。

3つ目の性の症状はテストステロンがフェロモンを発生する役割があり、ドーパミンと呼ばれる興奮作用がある神経伝達物質を増やす役割もあります。しかし、フェロモンの消失やドーパミンの減少によって性欲が減退したり、頻尿が起きたり、EDが起きたりもします。男性機能を低下させるような症状が起きます。

男性更年期障害はどこに相談すればいいのか?

女性の更年期障害であれば相談する人も周りにいるでしょうし、婦人科などに行くことで治療をしてもらえるでしょう。しかし、男性の更年期障害になるとどこの受診科に行けばいいのかわからないということも多いのではないでしょうか。実際に周りに相談する人もいなくて、そのまま放置するということも少なくありません。

最近は男性の更年期障害に対応する受診科も出てきていますので、そういうところをうまく見つけることができればいいことです。一般的には、泌尿器科や内科、精神科、心療内科などの中で特に症状が出ている部分に関連する受診科にかかるのがいいのではないでしょうか。

男性更年期障害は必ず治る

男性でも更年期障害が起こることがありますが、適切な診療科で見ることができれば症状はだんだん軽くなります。以上のような症状が見られたらすぐに病院を受診することです。