テストステロン値を増やして男性更年期を予防

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンであるテストステロンが急激に減少することによるホルモンバランスが崩れることです。このホルモンは加齢とともに少しずつ低下していくわけですが、急激に低下すると更年期障害に陥ることになります。

緩やかに低下する程度であれば体と心が徐々に慣れていきますので、大きな不調に陥ることはありません。これを防ぐためには急激にテストステロンの量を低下させないことが重要になってきます。

ストレスを溜めこまない

テストステロンの値が急激に低下するきっかけとなるのは過度なストレスです。過度なストレスを受けてしまいますと急激に値が低下しますので、男性更年期障害にかかりやすくなります。ストレスを溜めこまずに、楽観的に考えたり、何かしら没頭できる趣味を持ってストレスを溜めこまないことです。睡眠をしっかり取ることもストレス解消にはいいことです。

副交感神経を優位にする

交感神経はどちらかと言うと活動的な場合に優位に働くもので、この状態がずっと続いてしまうとストレスが溜まってテストステロンの値が低下します。ゲームやパソコン操作においても交感神経が活発に働いていますので、寝る前にはやらないほうがいいでしょう。

リラックスしている時にはどちらかと言うと副交感神経の方が優位に働きますので、ヒーリング音楽や深呼吸をするなど自分なりのリラクゼーションの方法を見つけて、意識的に副交感神経を優位にするような時間を持つようにしましょう。

運動する習慣を持つ

運動を行うことでテストステロンの分泌を促すという効果があります。自宅で出来る簡単な筋トレやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチなどを習慣化すればいいでしょう。運動をする時間を見つけるのが難しいのならば、エスカレーターやエレベーターを使っている時に階段を使うなどの工夫をしてみるといいでしょう。あまりストイックに行ってしまうとテストステロンの値が下がる可能性がありますので、そこのところは十分に注意します。

テストステロンの値を急激に下げないことが重要

テストステロンの値は男性更年期に入ると徐々に下がってしまいます。一番いけないのは急激に下げることですので、上記のことを参考にしてその値をキープするようにしたほうがいいです。