男性更年期に有効なホルモン補充療法

男性更年期において必要なことというのは男性ホルモンであるテストステロンになります。

男性の更年期障害にかかる人というのはテストステロンの値が低い人が多いです。

テストステロンの値が低いのであれば、それを体内に注入すればいいのではないかという風に思うのは自然なことです。

実際にテストステロンを体内に注入する治療法のことをホルモン補充療法と言ったりします。

医療先進国では一般的な治療法

ホルモン補充療法というのはまだまだ日本では浸透していない治療法ですので、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。欧米諸国においてホルモン補充療法と言うと更年期障害治療の標準となっているものです。

まだまだ日本の認知度は圧倒的に低いというのが正直なところです。これから男性医学についてもさらに研究が進んだときにはホルモン補充療法が日本でもスタンダートになっている可能性があります。

日本でホルモン補充療法を行っている病院というのはまだまだ少ないのが現状です。しかし、そういう治療法を行っている病院はきちんと存在していますので、そういうところに受診してみてください。自分に合ったホルモン補充療法を見つける事こそが重要です。

ホルモン補充療法とは何か?

ホルモン補充療法というのは大きく分けて2種類があります。1つ目は注射を使って直接体内の入れるケースです。注射で治療を行う場合は1回でテストステロンの値を上げることができて、治療効果が1週間ぐらい持続します。

しかし、一定期間を過ぎると血中濃度は元の数値に戻ってしまいますので、きちんとしたリズムに合わせて投与するタイミングを決める必要があります。

2つ目は塗り薬や飲み薬などを使って体内に取り入れるケースになります。専門医師の元で正しい治療が行うことができれば効果が上がるでしょう。

日本でもホルモン補充療法が一般的になりつつある

今やホルモン補充療法と呼ばれる男性ホルモンを直接注入する治療法が男性の更年期障害を治療するのに欧米では一般的になりつつあります。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、男性医学の発展に伴ってだんだん一般的になっていくのではないでしょうか。