男性更年期に有効な漢方は?

男性の更年期障害に有効な治療法の一つとして漢方というものがあります。

漢方になじみがある人も少ないのではないでしょうか。漢方というのは人間が本来持っている治癒力を高めて体を整えることに力点を置いた東洋医学の一種です。

今回は漢方について知らない人も多いでしょうから、漢方がどういう考えで治療を行っていくのかということと、実際に使用される漢方薬について紹介していきます。

漢方とはどういう風に治療していくのか?

漢方というのは、体全体から見て行ってバランスが乱れている状況を見極めて治療を行っていきます。

現在主流となっている西洋医学では検査の数値によって病名を確定して、その原因を杯書するために治療を行っていきます。漢方と西洋医学とでは全然アプローチの仕方が異なっているのが分かるのではないでしょうか。

漢方薬は一つの薬に対してさまざまな天然成分が含まれているので、効き目はマイルドなのですが、複数の症状にアプローチをすることが可能です。

慢性的な病気や西洋医学では病名がつかないような病気の治療にも適しています。

更年期障害のような全体的に症状が出るようなものに漢方治療は効果を発揮します。

男性更年期障害で処方される漢方薬

同じような病気であってもその人の体質や体調を示す証によって漢方薬が異なったりしますし、病気が異なったとしても証が同じだということもあって、漢方薬が同じケースも十分にあり得ます。男性の更年期障害に用いられる漢方薬は証によって出されるものが違ってきます。

男性更年期で代表的なものと言えば、八味地黄丸(はじみじおうがん)と呼ばれる漢方薬です。

これは疲れやすいとか体が冷えている、下半身や生殖器が弱っている場合に処方されます。

虚弱体質で胃腸の働きが悪いという人には、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)と呼ばれる漢方薬、泌尿器のトラブルや神経症状を伴う時には、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)と呼ばれる漢方薬が処方されます。

漢方は更年期障害に効果がある

男性の更年期障害というのは体全体にいろいろな症状が出てきますので、西洋治療ではなかなか解決できないことでも、漢方治療であれば全体的に診てくれるので効果を発揮しやすい側面があります。