男性更年期の対象年齢はいくつ?

女性の更年期障害は閉経と密接に関わっていますので平均すると50歳前後で起こることが分かっているのですが、男性の場合は閉経がありませんのでいつごろから更年期障害を発症するのかというのは読めないところがあります。

女性の場合は時期が明確で、経験者もいるので相談がしやすかったりしますが、男性の場合はなかなか気づきにくいですし、悩みを打ち明ける場所もないのが現状です。

正直言っていつ発症するのかというのは個人差があると言ってもいいでしょう。

更年期障害はいつ起こるのか?

男性更年期には男性ホルモンであるテストステロンの減少が大きくかかわってきています。

年齢とともに徐々に減少していくのですが、過度なストレスなどにより減少するスピードが増してくると、ホルモンバランスが崩れてきて更年期障害に陥ることがあります。

40代後半から50代前半になると仕事で責任あるポジションについたり、子供が独立して孤独感が増したりするとストレスを受けて起こることが多いです。

仕事の状況やライフスタイルは男性とは言っても、人によって全然違ったりしますし、抱えているストレスにしても対処の仕方によって全然違ったりします。男性の更年期障害は早ければ30代後半に発症する人がいる一方で、遅い人ですと70代になって発症する人もいるなど、すごく個人差が大きいです。

一人で抱え込まないほうがいい

男性の更年期障害というのはいつ起こるかわからないために、何らかの不調を抱えていたとしても更年期障害だと気づくことができにくいですし、他の病気と間違える可能性もあります。結果的にただただ我慢してしまうというケースが多いです。

放っておくと症状が悪化したりしますので、誰かに悩みを打ち明けた方がいいのではないでしょうか。更年期障害と言えば女性の病気のように思われますが、男性でもかかる人はいますので、一人で抱え込まずに早めに病院を受診したほうがいいです。

男性の場合は対象年齢に個人差が大きい

いつ障害が起こるのかというのはとても個人差が大きく、障害が起こる対象年齢としては30代から70代というようにとても幅広いです。もしかかったのであれば、一人で抱え込まずに誰かに相談をしたほうがいいでしょう。