男性更年期を改善するための食事法

男性更年期は男性ホルモンのテストステロンが低下することによって起こるわけですが、食生活の改善でその低下を防ぐことはできるのかどうか気になります。

食べるものに気を遣っていけばテストステロンの低下を抑えられるのであれば、それは何よりもうれしいことです。具体的に男性更年期障害を防ぐことができる食生活について紹介していきます。

肥満を解消する

テストステロン値を下げる要因の一つとして肥満というものがあります。よくBMI値が25以上だったり、おへその高さの腹囲が85cm以上あるという人は内臓肥満の可能性が高いです。内臓肥満は生活習慣病になる可能性もありますので、それは少しずつ解消していったほうがいいでしょう。

肥満を解消するためにはご飯を命一杯食べずに腹八分目でとどめておくとか、夜食や間食はなるべくなら控えておく、しっかりよく噛んで食べるなどの心がけが必要になってきます。

カロリーを多く取りすぎたら当然ながらより一層太りますので、カロリーを取りすぎないことが重要です。カロリーを取りすぎたのであれば、運動をするなどしてカロリーを消費するのもいいでしょう。

テストステロンの分泌を促す食べ物

玉ねぎや長ネギ、にんにくを始めとしてネギ類を食べるとテストステロンの分泌を促してくれます。それはなぜかというと、含硫アミノ酸が含まれているからです。

しかし、ネギ類を切ってから時間が経ってしまうと酵素によって分解されてしまいます。

長時間加熱をしてしまうと変質して効果が薄れてしまいます。効率よく含硫アミノ酸を取るためにはなるべく大きく切って、切った後すぐに加熱し、加熱時間は短くしていく必要があります。

その他にテストステロンの値を上げるためには、脂肪の少ない牛肉や鶏肉、魚類、豆類、卵などでタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。ただし、脂質を取りすぎるのは厳禁です。また、お酒を飲むのはほどほどにするようにしましょう。

テストステロンの分泌を促すような食生活を送ろう

テストステロンの減少を抑えてその値を上げるためには、肥満を解消することが重要です。テストステロンの分泌を促す食べ物は、ネギ類やタンパク質になりますので、これらの食べ物を積極的に摂るようにしましょう。